スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのゆうしゃ3 感想

20131225173707614.jpg
※下書き設定にしたままだったというミスをおかしました…。よってこの記事昨日書いたものですご勘弁を…;;
と、いうことで、「ぼくのゆうしゃ3」の感想をクリスマスに書いてやりますよー!
え?恋人?・・・んなもんいたら聖なる夜にラノベの感想書いてませんよ、フッ(謎の悟り顔)
ぼくのゆうしゃの話題出すときだいたい叫んでるんでお分かりかと思いますがこのブログの管理人はファルディオ好きなのでファルディオについてのコメント多めとなります、ご了承ください・・・
・・・な、なんですか!ファルディオかっこいいじゃないですか!見た目だけ!!←



ネタバレになってしまうので一応畳んでおきます。
大丈夫!という方のみ追記にてどうぞ!



最初に一言言っていいですか?ホント。





ハイクオリア万能すぎるだろっ!!!
いやだってアレね、ぶっちゃけチート技だと思います・・・!万能すぎて草不可避ですよ!
相変わらずヘルファイアは使う場所選びまくる禁忌魔法ですがね。自称大魔導師さんにはヘルファイアの方が似合ってますけどね。


そして今回一番の謎は魔人たちの狙いでもなく魔王の正体でもなくセシリアのドキドキクッキングですね。
なにアレ怖い・・・としか言いようがないほどドキドキ(恐怖の意味での)クッキングでしたよ・・・

「―それを魚にして、揚げた」


無理だよっ!!!魚にできないよっ!!!!
あと剣圧って何っ!?セシリアさんもはや人間じゃないよっ!!

・・・「ぼくのゆうしゃ」が誇る残念ヒロインセシリア・シヴィルは今日も元気そうでなによりです。
でもかわいいよセシリアっ!残念だけどっ!ショタコンだけd((


まあこんな感じでグタグタ旅を続けてる勇者一行。
決断の洞窟へとたどり着きますが


「ちょっぴり太る通路と、うっすらハゲる通路、
 どちらを通りますか?」


確かに選び難いけどもっ!!www
まあこちらの選択は勇者一行は男性が多いためちょっぴり太る通路を選択。
まあ男からすれば嫌だよな・・・ハゲるの・・・。
あとちょっともじもじしてるセシリアかわいいですな。
あとの選択もクスッとできるような選択でおもしろかったです^^
ただトオルの未来に不穏な空気が漂う言葉をアウルが残すことに・・・。
トオルは現時点でもいろいろ大変な環境のもとで生活してるのにこれから先も大変な未来が待ち受けてるのか・・・


そしてなんだかんだで試練をクリアした一行。
トオルがファルディオに子供のころどんな遊びをしていたのか聞きますが・・・
なぜか気まずそうにするファルディオの口から飛び出した言葉が

「その、なんつうか……。ガキの時の記憶って、殆ど家の中や学校図書室で本読んで、一心不乱に魔法の勉強してた思い出しかねえっつうか……」

『え』


そりゃみんな「え」ってなりますわな←
そのうえ・・・

「ミーミル魔法学校に、そういうやつが居たんだよ。
<中略>
とにかく、凄ぇ面倒臭ぇだったんだ」


ファ、ファルディオに「女」だと・・・!?コイツ「ダメ人間ですよー」ってツラして何気に女たぶらかしてる地味にイケメンなタイプか!くそっ!!
なんだこのカプ厨な私歓喜な展開はっ!!←
名前は「レイア」というらしい・・・いやあ妄想が膨らんで飯三杯はイケますなあ!いけないけども。
面倒臭い女・・・生徒会の一存でいう飛鳥みたいな正妻タイプの人かな?それとも巡みたいなすれ違いまくりだけどデレ度MAXな感じ?気になる・・・
何気なくフラグを立てて読者の気を引くファルディオあざといですな、流石大魔導師(自称)。


そしてこのあと一気にシリアス展開に・・・
なんかスマプリで出てきたような人(?)キターーーーー!!!!!
名前はゲインといってほかの魔人とは違い完全に人間のような見た目にはならなかったらしいです。
こういう敵好きです私。
ここの感想いろいろ書きたいですが長くなりそうなので特に気になった点だけ。


バトルパートの見どころはトオル覚醒ですね、ハイ・・・
トオルがもうなんか痛々しくてね・・・
前巻で母親(義理の)が結構クズな人だったと判明したからなおさらかわいそうで・・・。
トオルの闇は深そうですね・・・

それと三人平衡感覚強化の逃亡図ってるシーンの挿絵がかわいかったです。
そしてルウナイスファイト!流石何気にやればできる子!!←
しかしそれにしてもセシリアとファルディオのケガ痛そう・・・ファルディオの方は少し回復してるけど。
セシリアお疲れ・・・!


「ふっ・・・やめときな、ボウズ」で何とか危機を脱出した勇者一行。
セシリア&ファルディオはばたんきゅーでトオルもばたんきゅー寸前。
そこにナルスに向かう途中の馬車が来て助けてくれました。
二人の手当てをしてもらいましたが特にセシリアの方が予断を許さぬ状況らしいです。
しかしこれから行くナルスは医療技術が発達してるところらしくトオルは一安心。
そのとき倒れそうになりますが馬車に乗っていたサクヤに支えてもらい膝枕までしてもらうという羨ましい状況に←
サクヤに膝を貸してもらいながら眠りについていくトオルですがゲインの身内を信じすぎるなという最後に聞こえた言葉を思い出します。
ゲインのさしている「身内」とは・・・


最後のトオルのいた世界パートでトオルのお兄さんが「魔王」がどうのとつぶやいていたようですが・・・まさか・・・
・・・ヨル=トオルのお兄さん展開にならないことを祈ります。
もしそうだったらトオルの心完全に折れちゃうよ・・・。




ながくなりましたが以上感想でした!
最後にぼくゆうとは全く関係ないべるぜのイラストあげときます、メリクリ!





ogahiru@.jpg

クリスマス男鹿ヒル

サンタラミア@

サンタラミア
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイカ。

Author:マイカ。
アニメやゲームとかが好きです。
べるぜバブ、ぼくのゆうしゃ、その他葵せきな作品を愛してます。
堕落した生活を送ってるギリギリ10代な学生。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

らくがきブログ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
306位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア

汚い絵しか貼ってないですが
よかったらどうぞ↓

↓同盟です。参加させていただいております。
古市最強同盟
べるぜバブ同盟
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。